ページの先頭です。

2012/07/19 12:49

ニュース

米マイクロソフトが次期「Office」を発表、国内で「カスタマープレビュー」の提供を開始

 米マイクロソフト(スティーブ・バルマーCEO)は、現地時間の7月16日、新OSのWindows 8に最適化し、クラウドサービスと連携する次期統合ソフト「Office」を発表した。これを受けて日本マイクロソフトは、7月17日、国内で最終ベータ版「カスタマープレビュー」の提供を開始するとともに、会見を開いて次期「Office」の特徴をアピールした。具体的な販売時期、価格、販売施策は未定。

 次期「Office」は、スマートフォン・タブレット端末などのマルチデバイスに対応。対応OSはWindows 8/7で、デジタルノート「OneNote」アプリを利用して、iPhoneやiPad、Android搭載スマ―トフォンでも使うことができる。UI(ユーザーインターフェイス)は余計な装飾を最小限にしたシンプルなデザインで、ユーザーが必要なときに必要なものだけを表示する。画面へのタッチや、ペン・マウス・キーボードによって簡単に操作できる。

 クラウドサービスとの連携を強化。ドキュメントをオンラインストレージ「SkyDrive」に保存し、コンテンツと最新の編集内容をタブレットやPC、モバイル端末から利用することができる。オフラインでも利用でき、ドキュメントはインターネットに接続したときに自動的に同期を取る。サブスクリプションサービス「Office 365」のユーザーは、「Officeオンデマンド」によってインターネット上でフル機能の「Office」を使うことができ、クライアントPCに「Office」をインストールする必要がない。

 ソーシャルサービスとの連携では、グループウェア「SharePoint」で人・チーム・ドキュメント・ウェブサイトをフォローし、仕事に必要な同僚や情報と常につながることができる。また、Skypeと連携して「Office」を利用しながら多拠点でのビデオ会議が実現する。今年6月に米マイクロソフトが買収した企業向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のYammerでは、「SharePoint」との統合機能を提供する。

 管理機能では、データ損失防止(DLP)機能によって、企業内の機密情報を誤った宛先に送ることを防止。「eDiscovery(電子証拠開示)Center」を利用して、「Exchange」「SharePoint」「Lync」上のデータ検索・保持・分析ができる。

 次期「Office」のカスタマープレビューは、家庭向けの「Office Professional 2013 プレビュー」、中小企業向けの「Office 365 Small Business Premium プレビュー」、大企業向けの「Office 365 ProPlusプレビュー」「Office 365 Enterprise プレビュー」の4種類を提供する。

 日本マイクロソフトのロアン・カン業務執行役員Officeビジネス本部本部長は、「今回の試作版は、英語とスペイン語、日本語の3言語のみ。マイクロソフトは日本を重要視している」とアピールした。(真鍋武)

ロアン・カン業務執行役員Officeビジネス本部本部長

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)