ページの先頭です。

2012/08/06 18:41

ニュース

岡谷エレクトロニクスがデジタルサイネージ事業を強化、セミナー資料の無償公開などで情報提供

 岡谷エレクトロニクス(中村睦社長)が、デジタルサイネージ事業を強化する。関連するウェブコンテンツを充実させるなど、マーケティング施策を促進して販売に弾みをつける。

 岡谷エレクトロニクスは、半導体・電子部品とIT製品の販売に強く、プロセッサやメモリ、ソフト開発ツールなど、さまざまなジャンルの製品を取り扱う。最近はデジタルサイネージに力を入れており、システムに必要な製品・サービスの取り扱いを増やしている。

 最近、地方自治体や公共交通機関、商業施設事業者などがデジタルサイネージを導入するケースが増えていることから、マーケティング施策を強化。自社で取り扱っている関連商品の情報提供を活発化する。

 まずは、2012年6月にインテルやSCALA、日本マイクロソフト、リコーなどと共催したITベンダー向けセミナーの資料を希望者に無償提供する(詳細はhttp://www.oec.okaya.co.jp/embedded/seminar/technical/BCN_seminar_20120613.html)。また、デジタルサイネージ関連の情報を集約したウェブコンテンツも近日中に用意する。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)