ページの先頭です。

2012/08/07 18:50

ニュース

日商エレ、石狩データセンターでのサービスを開始、BCPやDRに対応

 日商エレクトロニクス(日商エレ、瓦谷晋一社長)と日商エレのグループ会社でクラウド・データセンター(DC)サービスを提供するインフォリスクマネージ(橋本晃秀社長)は、9月上旬、北海道石狩市に「石狩データセンター(石狩DC)」を開設する。日商エレのDCは、大阪、横浜に続く3つ目。3拠点で3年後に約15億円の売り上げを目指す。

 日商エレの石狩DCは、同じ双日グループのさくらインターネット(田中邦裕社長)が保有する石狩DCビルを使用。日商エレが独自に電機・空調・ラックなどの設備を設計した。大企業やSIer(システムインテグレータ)などをターゲットに、ハウジング・コロケーション、クラウド、ホスティング、システム運用監視の各サービスを提供する。

 石狩DCは東京都心から最短約3時間でアクセスでき、気候が冷涼で、地震などの災害リスクが低いことから、BCP(事業継続計画)やDR(災害復旧)に対応したクラウドサービスの拠点に適している。(真鍋武)

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)