ページの先頭です。

2012/08/30 11:20

ニュース

SAPジャパン、2012年上半期は2ケタ成長、下半期の戦略とあわせて発表

 SAPジャパン(安斎富太郎社長)は、8月29日、2012年上半期の進捗状況と今後の戦略を説明する会見を開催した。

 上半期の国内の売り上げは、前年同期比23%増の3億6000万ユーロだった。ソフトウェア関連の売り上げは20%増の3億1500万ユーロで、売り上げの大半を占めた。「SAPジャパンは6四半期連続で2ケタ成長している」(安斎社長)という。パートナービジネスは、前年同期に比べ47%増えた。

 モバイル事業は、金融、製造業向けが好調で、売り上げは前年同期の5.3倍に伸びた。今年4月に本格的に参入したデータベース(DB)事業は、前年同期比74%増の成長となった。関係データベース管理システム(RDBMS)の「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)」「Sybase IQ」の提供でビジネスチャンスが増加。グローバルでの売り上げの8%を占めるインメモリソフト「SAP HANA」も貢献した。サービス事業は、ソフトウェアのメンテナンスとサポートの「SAP MaxAttention」や、ソフトウェアライセンスに導入/教育サービスを付加したパッケージ製品「SAP Rapid Deployment Solutions」などによって28%伸びた。

 下半期は、「SAP HANA」上でERP(統合基幹業務システム)を稼働するソリューションを年明けにも発表する予定。「SAP HANA」に対応したアプリケーションを開発する企業の支援も行う。また、クラウドビジネスを本格的に展開し、「SAP HANA」をベースにしたPaaSを提供する。さらに、スマートシティプロジェクトやパートナー施策も充実させる。

 安斎社長は、「SAPの12年度上半期のグローバルでの売り上げは、前年同期比15%増の72億7000万ユーロだった。第2四半期のソフトウェア関連の売り上げは、初めて10億ユーロを超えた。SAPは、2015年までにグローバルでの売り上げを200億ユーロにして、ユーザーを10億人にする目標を立てている。クラウド事業での売り上げは、そのうち10%の20億ユーロにする」と、改めてグローバルでSAPの目指すところを語った。(真鍋武)

安斎富太郎社長

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月27日付 vol.1634
[限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

2016年06月27日付 vol.1634 [限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)