ページの先頭です。

2012/09/03 18:03

ニュース

日本HP、ブレード型ワークステーションの新モデルを発売、運用自働化を実現

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)は、ブレード型ワークステーションの新モデル「HP ProLiant WS460c Generation 8(WS460c Gen8)」を発売した。税込価格は、51万2400円。

 金融業のディーリングなどのマルチモニタ業務や、製造業の設計・解析業務などに最適なブレード型ワークステーション。インテル Xeon プロセッサー E5-2600ファミリーを搭載し、動作速度1600MHzのメモリを最大で512GB搭載することができる。NVIDIA Quadro 500M/1000M/3000Mを搭載した専用のメザニン型グラフィックスカードを実装することもできる。

 導入と運用作業をサーバーが行う自働化サーバー「HP ProLiant サーバー Generation 8」の管理システム「HP iLo マネジメントエンジン」を標準搭載し、前世代のモデルから運用・管理機能を強化。導入・監視・運用・保守までのライフサイクル全般で、ワークステーション運用の自働化を実現する。(真鍋武)

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)