ページの先頭です。

2012/09/04 12:35

ニュース

シュナイダーエレクトリック、電力管理機能を強化したDCIMソフトの新版

 シュナイダーエレクトリック(アルノ・モンディ代表)は、データセンター・インフラストラクチャー・マネジメント(DCIM)ソフトウェアの新バージョン「StruxureWare Data Center Operation v7.2」を発表した。

 十分活用されていないサーバーや休眠状態のサーバーを特定して、データセンター(DC)内のIT機器の利用を効率化するソフトウェア。新バージョンでは、IT機器の電力管理を強化するIntel Data Center Manager(DCM)、Cisco UCS Manager Plug-inなどを追加し、さまざまなシステムとの連携を拡張した。

 ネームプレート定格の最大消費電力の情報だけでなく、実際のIT機器、サーバーの電力消費情報を管理することによってDCのITレイヤーを最適化して、消費電力を削減する。さらに、十分に利用されていないサーバーやほとんど休眠状態のサーバーを特定するレポートや、電力消費の多いサーバーのレポートを活用して、アップグレード、負荷の分散、仮想化環境への集約促進を図ることができる。また、撤去の候補となるサーバーリストを入手し、最終的にはサーバーリソースの不規則な配置を最適化してROI(投資利益率)を向上させる。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)