ページの先頭です。

2012/09/05 19:45

ニュース

アクロニス、最新バックアップ製品を東北歴史博物館に納入

 アクロニス・ジャパン(村上督代表取締役)は、宮城県多賀城市の東北歴史博物館(今泉隆雄館長)が記録・蔵書・資料のデータ増大に対応したIT刷新を機に、最新バックアップ製品の「Acronis Backup & Recovery Server for Windows」と「Acronis Backup & Recovery Server for Linux」を採用したと発表した。

 1999年に開館した東北歴史博物館は、東北地方の歴史に関する調査研究や展示企画、資料の管理や保存を行っている。これまで、データ保存とホームページ運用でサーバーを運用していたが、運用に伴う高い専門知識が弊害となって、システムを有効に活用できない状況だった。また、バックアップの分野でも、ATIテープによる不具合発生やサーバー容量の圧迫などさまざまな課題に直面していた。

 博物館は「簡単、迅速、安定化」というコンセプトの下、2011年6月にシステムを全面的に刷新。バックアップはテープからRDXに変更し、アクロニス製品を導入した。その結果、現在はメンテナンスフリーになった。また、毎日行っていたバックアップの確認を1週間に1回程度に削減し、バックアップにかかる運用コストも以前の2割程度に圧縮。さらに、システムの刷新に伴うバックアップ手法やソフトを変更し、運用や管理も含めた効率を向上した。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)