ページの先頭です。

2012/09/06 18:27

ニュース

日立製作所とSAPジャパン、協業で「SAP Afaria」と「JP1」を連携したMDMサービスを提供

 日立製作所(日立、中西宏明社長)とSAPジャパン(安斎富太郎社長)は、9月5日、MDM(モバイル・デバイス・マネジメント)分野での協業に合意したと発表した。

 SAPジャパンのMDMソフトウェア「SAP Afaria(エスエーピーアファリア)」をベースに、日立の統合システム管理ソフト「JP1(ジェイピーワン)」と連携したMDMサービスを共同で開発し、10月中に国内市場での提供を開始する。両社の技術を融合することで、スマートデバイスとPCの一元的な管理や、端末数万台程度の大規模な利用に耐えるMDMサービスを目指す。

 協業に伴い、SAPジャパンは本社のAfaria開発部門に日立向けの技術支援窓口を設置し、技術的な検証、評価、今後のロードマップの共有などを実施。日立と連携して、国内市場のニーズや「SAP Afaria」に関する要望をAfaria開発部門へフィードバックする。また、合同セミナーの開催など、共同でマーケティング活動を行う。(真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)