ページの先頭です。

2012/09/06 18:31

ニュース

シネックスインフォテック、「SYNNEX IT Conference 2012 TOKYO」を開催、「クラウドに対応」と松本社長

 シネックスインフォテック(松本芳武社長)は、9月5日、東京・江東区でプライベートイベント「SYNNEX IT Conference 2012 TOKYO」を開催した。

 イベントでは、松本社長が「お客様と共に成長するSynnexInfotecの戦略」と題して、同社の方向性を説明。「低価格のサービスが次々と台頭してくるというのは、物販を生業としているディストリビュータにとっては脅威」と、SaaSやIaaS、PaaSなど、「as a Service」を称するさまざまなクラウドサービスを提供しなければならない状況を説明した。ハードでは、「サーバーやストレージなどの単位ではなく、システム全体を統合する必要がある」と、ディストリビュータが変わらなければならないと訴えた。

 市場の変化のなかで、シネックスインフォテックは社内ERP「CIS」を今年2月に稼働。このシステムによって、「ビジネスの可視化、業務の迅速化、価値の創出を実現した」という。昨年12月には、見積もり業務や受注業務を専門に手がける「インサイドセールスセンター」を立ち上げて業務を効率化。営業担当者が販社を訪問する回数を増やしてコミュニケーションを活性化するなど、販社とのパートナーシップを深めることで新しい製品・サービスを創出する体制を整えた。

 また、ディストリビュータがクラウドサービスに関わる方法の一つとして、「販売パートナーがクラウドサービス事業を手がけられる基盤を提供すること」を挙げた。米国では、販社がクラウドサービスを提供するビジネスモデルの構築が進んでいることから、日本でも構築に着手する。(佐相彰彦)

松本芳武社長

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)