ページの先頭です。

2012/09/11 17:56

ニュース

チエル、エル・インターフェースのe-Learning教材を上智大学が採用

 チエル(川居睦社長)は、9月11日、エル・インターフェースのe-Learning教材「スーパー英語Academic Express2」を、上智大学(滝澤正学長)が4月に採用したと発表した。

 上智大学は、情報処理に関する教育や研究を支援し、コンピュータシステムの適正で効率的な利用を促進する全学共同利用施設「上智大学総合メディアセンター」を中核に、1999年からマルチメディア語学学習支援システムCALL教室の設置と設備の充実を積極的に進めてきた。教室内にとどまらず、パソコンとインターネット環境をもっていれば自宅でも学習できるe-Learning教材の導入も検討し、英語圏への交換留学生希望者に必須のTOEFLテストや就職活動に有効なTOEICテストのスコア向上のための自主学習教材として、「スーパー英語Academic Express 2」を全学を対象に採用した。学生の費用負担なしで、5月に3000ライセンスでスタートした。

 「スーパー英語Academic Express 2」は、エル・インターフェースが開発した世界最大級の英語データベース「スーパー英語」のコンテンツから、500時間以上を要する語学教材としてまとめ上げ、大学生として身につけておかなければならない英語力の養成を目的に編成したe-Learning教材。学生がパソコンとインターネット環境をもっていれば、自宅でも学習でき、全国に25万人の利用実績をもつ。

 チエルは、文教市場で、CALL(Computer-Assisted Language Learning)システムをはじめとする語学e-Learning教材の開発・販売を行っている。上智大学には、2005年からフルデジタルCALLシステム「CaLaboEX」が採用されているほか、毎年、語学教育に携わる先生を対象に開催される「CALLセミナー」のサポートなども手がけている。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)