ページの先頭です。

2012/09/14 17:50

ニュース

ジェイズ、コストパフォーマンスにすぐれた企業向けサービスゲートウェイ

 ジェイズ・コミュニケーション(愛須康之社長)は、ジュニパー・ネットワークスが開発したサービスゲートウェイ「Juniper Networks SRX550」を、9月13日に発売した。

 10ポートのGbEポートを搭載し、5.5Gbpsのファイアウォールスループット、10GbEモジュール対応など、中規模から大規模の事業所、官公庁、小規模データセンターが求める仕様を満たしたセキュリティ製品。最大50ポートまで搭載できるGbEポートや、SRX650向けのGPIM/XPIMとSRX2xx向けのMini-PIMの両方に対応するなど、モジュールの拡張性も高い。搭載OSは、イーサネットスイッチでも採用している「Junos(ジュノス)OS」で、例えば「Juniper Networks EXシリーズ」とスムーズに連携する。

 税別価格は220万円で、従来では上位モデルしか選択肢のなかったユーザー企業に対して、購入しやすい価格で提供する。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月25日付 vol.1638
法人向けWindows 10 搭載PCが普及へ

2016年07月25日付 vol.1638 法人向けWindows 10  搭載PCが普及へ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)