ページの先頭です。

2012/09/18 18:20

ニュース

三菱電機、中小規模店舗・オフィス向けデジタルサイネージ、縦・横置き対応の50V型を10月21日発売

 三菱電機(山西健一郎社長)は、9月18日、中小規模の店舗・オフィス向けデジタルサイネージ「カンタンサイネージDSMシリーズ」の新製品として、画面サイズ50V型の「DSM-50L3」を10月21日に発売すると発表した。価格は26万2500円で、当初月産台数は1000台。

 「カンタンサイネージDSMシリーズ」は、中小規模の店舗とオフィスでの設置・利用に適したデジタルサイネージで、今年7月20日に19V型と32V型の2機種を発売した。9月10日には22V型と26V型を加え、4モデルを揃えた。新機種「DSM-50L3」は、シリーズ最大の50V型で、初めて縦置きと横置きの両方に対応した。

「カンタンサイネージDSMシリーズ」の50V型「DSM-50L3」

 作成した動画・静止画データをSDメモリカードに入れ、ディスプレイ本体のカードスロットに差し込むだけで、コンテンツを自動で表示する。デジタルサイネージに詳しくないユーザーでも、簡単にコンテンツを作成して表示することができる。

 コンテンツを作成する時間がないユーザーや、スキルが乏しいユーザーには、三菱電機がコンテンツの作成を代行するサービス「カンタンサイネージクラブ」を提供。専用のウェブサイトに画像データをアップロードして、デザインテンプレートを選ぶだけで、サイネージ用のコンテンツができあがる。

 三菱電機は、新機種の発売でラインアップが5モデルに拡大したことをきっかけに、中小規模の店舗やオフィスに対して、デジタルサイネージを本格的に販売する。

 営業本部の齋藤譲戦略事業開発室長は、「デジタルサイネージ市場は、2015年度には11年度比で約2倍の1458億5000万円になるという調査会社の予測がある。私たちも今後マーケットは広がるとみており、社を挙げて取り組んでいる。なかでも大きな成長が見込めるのは、中小規模向けだと感じている」と話した。さらに、三菱電機のデジタルサイネージ事業の2011年度売上高は約50億円で、15年度には約150億円に引き上げる目標を示した。

営業本部の齋藤譲戦略事業開発室長

 京都製作所長の阿部正治役員理事は、「テレビ・映像業界を取り巻く環境は厳しいが、コンシューマ向け製品の開発力と販売チャネル、三菱電機グループの総合力を生かして、法人向けデジタルサイネージ事業を伸ばす」と意気込みを示した。(木村剛士)

京都製作所長の阿部正治役員理事

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)