ページの先頭です。

2012/09/20 14:28

ニュース

日本データ復旧協会、2011年のHDDのデータ復旧件数は前年比15%増、今年は微減と予測

 日本データ復旧協会(濱田兼幸理事長)は、9月20日、2011年(1~12月)のハードディスクドライブ(HDD)の復旧依頼件数が7万8000台と、10年の6万8000台から大幅に増加したと発表した。パソコンの販売台数(稼働台数)の増加に加え、東日本大震災の影響で依頼件数が増えた。2012年は、震災の影響がなくなることや、景気の低迷、BCP(事業継続化計画)の意識の高まりによるハードウェアの増強などによって、11年から微減すると見込む。

 実際に復旧した件数は5万8500台と、10年の5万4400台から約4000台増加と推定。震災で被災した案件(震災品)の復旧率が通常より低かったことが要因で、津波などによる泥水・汚水に浸かったメディアのデータ復旧が困難であることを示している。通常は80%程度の復旧率だが、震災品の復旧率が低かったことを加味して、全体の復旧率はおよそ75%に低下したと推定した。(安藤章司)

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)