ページの先頭です。

2012/09/24 18:36

ニュース

BCN、SMBと地方自治体を攻略するためのITビジネスセミナー、福岡で開催

 BCN(奥田喜久男社長)は、9月21日、「SIer必見 地方共通帳簿票基盤化による効率化・コスト削減のすすめと運用改善」と題して、中堅・中小企業(SMB)と地方自治体を攻略するためのITビジネスセミナーを福岡・博多で開催した。共催はウイングアーク(内野弘幸社長)で、日本マイクロソフト(樋口泰行社長)の協力とITコーディネータ協会(播磨崇会長)の後援を得た。主要3都市で開くBCN主催セミナーの最終回。

熱心に耳を傾ける参加者の皆さん

 冒頭の基調講演では、福岡情報ビジネスセンターの武藤元美代表取締役が、「情報サービス産業の現状と課題 ~全国から見た各地域のITサービス業界動向~」と題して、ITサービス業界の市場動向や九州のIT事情を説明。九州のIT産業の現状について、「各県内での需要を獲得しようとしていて、ビジネスが非常にドメスティックだ。全国や海外にも目を向けて事業を展開する必要がある。九州地区は、環境、医療・介護などのIT導入が活発で、需要が見込まれることから、これらの分野に参入することも重要になる」と述べ、各社が強みを持ち寄る「強みの連携」で、事業を拡大することができると指摘した。

福岡情報ビジネスセンターの武藤元美代表取締役

 セッション1では、1stホールディングス帳票事業部 ストラテジックアライアンスグループ 久我温紀リーダーが、「帳票から考えるITシステム基盤の課題と解決」と題して講演。ウイングアークの提供する帳票基盤ソリューション「SVF」などについて、顧客の導入事例などを引きながら説明した。

1stホールディングス帳票事業部の久我温紀リーダー

 続いて、日本マイクロソフトのパブリックセクター統括本部テクノロジーソリューションセールス本部ソリューションの樋口竜太スペシャリストが、「Windows 8と仮想デスクトップで実現する端末統合」と題して、VDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ)の導入事例や、Windows Server 2012、Windows 8などの最新状況をデモンストレーションを交えて説明した。

 セミナーの最後には、矢野経済研究所の情報通信・金融事業部の野間博美上級アナリストが、「SMB市場のトレンドとITベンダの戦略」と題し、調査データをもとに最近の情報サービス産業の状況を解説した。(真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)