ページの先頭です。

2012/09/25 16:09

ニュース

NEC、「営農支援クラウドサービス」の提供を開始、農業の生産性向上に貢献

 NEC(遠藤信博社長)は、9月25日、農業生産工程管理(GAP)を支援する「営農支援クラウドサービス」の提供を開始したと発表した。

 生産工程を見える化し、定量的なデータにもとづいた農業によって生産性の向上に貢献するクラウドサービス。NECは生産者に対し、作業予定を入力する「計画入力」、圃場別の作業実績を登録する「作業入力」などの機能を提供。生産者は、タブレット端末を利用し、作業の進捗を入力する。管理者は、PCで品種、肥料、農薬などの情報を登録・管理する「マスタ管理」機能や、産地や圃場での作業状況を一覧表示する「作業状況」、生産者の入力した日報を参照する「作業日報」などを利用する。

 データセンターには、農薬情報が入ったデータベースが保管され、その情報をもとに、タブレット端末上で化学合成農薬の使用量に合わせた希釈倍率・散布量などが自動計算されるので、生産者は基準量にもとづいた農薬を正確に使用することができる。管理者は、圃場単位で農産物の生産工程を把握し、作業履歴データの定量的な収集や、生産履歴と収穫結果情報を結びつけて分析。各農家の経営課題を明確化することで、品質・生産性の向上に向けた改善指導を行うことができる。

 NECは、農業法人やJAを中心に拡販し、今後3年間で2万人の利用者への提供を目指す。「営農支援クラウドサービス」は、すでにローソンファーム千葉で4月から、GRA(岩佐大輝CEO)のイチゴ・トマト栽培で8月から活用されている。(真鍋武)

■おすすめの記事





外部リンク

PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)