ページの先頭です。

2012/09/26 15:01

ニュース

日立システムズと日本マイクロソフト、クラウド事業で提携

 日立システムズ(高橋直也社長)と日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、9月26日、クラウド事業で提携したと発表した。同日、日立システムズは、日本マイクロソフトのサーバー向け新OS「Microsoft Windows Server 2012」の仮想化技術「Hyper-V」をベースにした5種類のクラウドサービスの提供を開始した。

 日立システムズは、「コミュニケーションシステム クラウドサービス」「仮想化クリニックサービス」「Hyper-V プライベートクラウド構築サービス」「オンサイト型リソースオンデマンドサービス」「BusinessStage仮想デスクトップサービス」を販売。また、「Hyper-V」と統合管理製品「Microsoft System Center」を次期クラウド基盤に採用し、日立システムズのデータセンターと顧客サイトで、今後3年間に1万台のサーバーの仮想化を目指す。

 日本マイクロソフトは、日立システムズが提供するクラウドサービスの開発・提供に対する技術支援・人材育成を行う。3年間で「Hyper-V」技術者を3000人、「Hyper-V」営業担当者を800人、「Hyper-V」関連の資格取得者500人の育成を目指す。(真鍋武)

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月08日付 vol.1640
中国市場再認識 変貌する巨大IT 市場と向き合う

2016年08月08日付 vol.1640 中国市場再認識 変貌する巨大IT 市場と向き合う

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)