ページの先頭です。

2012/10/01 20:03

ニュース

日本マイクロソフトとニチイ学館、医療機関向け事業で提携、医療環境支援サービスを提供

 日本マイクロソフト(樋口泰行社長)と医療・介護サービスを展開するニチイ学館(齋藤正俊社長)は、10月1日、医療機関向け事業で提携し、共同で医療環境支援サービスを開発・提供すると発表した。

日本マイクロソフトの樋口泰行社長(左)とニチイ学館の齋藤正俊社長

 提供する医療環境支援サービスは、経営データ管理・分析などの「経営支援サービス」、診療業務の効率化など、医療提供体制を整備する「診療支援サービス」、地域との医療連携を促進する「地域連携サービス」の三つ。両社のノウハウを生かし、共同で開発・営業・マーケティング活動を行う。日本マイクロソフトは技術支援も担う。

 第一弾として、1日から診療支援サービス「Opect」を提供。マイクロソフトのユーザーインタフェース「Kinect for Windows」を活用した手術向けの非接触型画像操作システムで、ユーザーはカメラに向かって手をかざすだけで、端末に触れることなく画像を操作することができる。すでに東京女子医科大学が利用している。手術件数が多い大病院や脳外科・外科・整形外科を中心とした医療機関がターゲットで、価格は49万8000円。

 12月下旬には、経営支援サービスの「メディクラウド」の提供を開始する。これは「Microsoft Office 365」と「Microsoft Windows Azure」を活用したクラウド型グループウェアで、中小規模の医療機関や介護施設がターゲット。価格は初期費用が31万5000円で、基本システム管理費用は月額で1万500円から。別途クラウドサービス利用料が必要。

 販売はニチイ学館が担当し、「Opect」と「メディクラウド」の発売から2年間で累計3億円の売り上げを目指す。ニチイ学館は、日本マイクロソフトとの提携事業で、16年度までに累計75億円の売り上げを目標としている。

 ニチイ学館の齋藤社長は、「現在、医療機関は経営悪化、医療提供者の不足、地域医療連携の必要性の高まりという三つの課題を抱えている。これまではマンパワーで事業を進めてきたが、それでは対応できなくなっている。解決には、ITの力が必要だ。医療分野でのIT活用は、他の業界と比べて10年ほど遅れているといわれているが、ニチイ学館のヒューマンパワーと日本マイクロソフトのITパワーを融合することで、課題を解決したい」と意気込みを語った。(真鍋武)

ニチイ学館の齋藤正俊社長

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)