ページの先頭です。

2012/10/04 18:22

ニュース

三菱電機インフォメーションテクノロジー、ビル入退室ID管理のクラウドサービス基盤

 三菱電機インフォメーションテクノロジー(白井健治社長)は、テナントビル入退室管理をはじめとするID管理を、ビルに入居するテナント企業が自らの端末で操作管理できる「ID管理クラウドサービス基盤」を開発した。

 「ID管理クラウドサービス基盤」は、クラウド技術を利用したサービス提供によって、入居時のシステム構築が不要で、テナント企業は手軽に高度なセキュリティ環境を実現できる。また、ID管理のためのサーバーが不要になるので、省スペース化、メンテナンスコスト削減に貢献し、管理者の業務負荷を軽減する。

 さらに、IDカード管理による通行権限付与、失効、来訪者の事前入退室登録、通行履歴の閲覧などだけでなく、組織の属性や職位に応じたID管理機能によって、人事異動時の通行権限の編集作業を効率化することができる。

 複数のビルの入退室管理システムの通行権限を一元的に管理できるので、本社、支社・支店などが入居しているビル間の出張時や人事異動時も1枚のセキュリティカードで通行できる。


■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)