ページの先頭です。

2012/10/04 18:57

ニュース

ウイングアークと日本テラデータ、大規模BIシステムの領域で協業

 ウイングアーク(内野弘幸社長)と日本テラデータ(吉川幸彦社長)は、10月4日、大規模BI(ビジネスインテリジェンス)システムの領域で協業を開始したと発表した。ウイングアークは、今回の協業にあたって、日本テラデータのパートナー支援制度である「Teradata Partner Network」に参加する。

 第一弾として、ウイングアークは、情報活用ダッシュボードの新バージョン「MotionBoard Ver4.1」と日本テラデータのデータウェアハウス「Teradataデータベース」を連携させる専用アダプタ「MotionBoard Adapter for Teradata Database(仮称)」を開発し、オプション製品として提供する。データをリアルタイムに反映し、データの特性に合わせて柔軟にチャートで表現できる「MotionBoard」と、大規模データを高速で処理できるパフォーマンスをもつ「Teradataデータベース」を融合することで、ビッグデータを活用できる大規模なBIシステムが実現する。

 すでに専用アダプタの開発は進んでおり、年内には発売する予定。販売は、ウイングアークが担当する。両社は、金融・流通・製造業の大手企業を中心に、今後3年間で30件の受注を目標としている。(真鍋武)

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)