ページの先頭です。

2012/10/18 11:28

ニュース

<BCN Conference 2012>DTCの八子知礼氏が基調講演、「生き残るために、モバイル向けビジネスが必須」

 10月18日、BCN(奥田喜久男社長)が主催するSIer(システムインテグレータ)向けのイベント「BCN Conference 2012」が、東京・品川で開幕した。今年は「IT商流が変わる! クラウド/モバイル時代に求められるSIerとは」と題し、SIerに斬新なビジネスモデルや売り方のヒントを提供する。

 冒頭の基調講演では、デロイトトーマツコンサルティング(DTC、近藤聡社長)の八子知礼TMTインダストリユニットパートナーは、「モバクラ時代を生き残るために必要なSIビジネスの条件」について語った。「モバクラ」とは、「モバイルクラウド」を指す。

 八子氏によると、2006年頃からサーバーの仮想化が急速に進んでおり、その台数は、今年1億台を超えることが予測されている。また、SaaS市場も活発に伸びていて、2015年までに現在の2倍に成長するという。「とくに日本では、クラウドに関する理解度が高く、約90%のユーザー企業は『クラウドは自分に関係がある』という認識をもっている」と、市場のポテンシャルを述べた。

 モバイルデバイスの普及も急速で、スマートフォンやタブレットなどの「スマートデバイス」の販売台数は、近々グローバルで70億台を突破するという。こうした状況から、八子氏はスマートデバイス向けビジネスには大きな可能性があるとしたうえで、「SIerが生き残るためには、スマートデバイス向けビジネスに取り組まなければならない。サーバーではなく、まずモバイルから考えて、製品やサービスを開発する必要がある」とアドバイスした。

 八子氏は、「ユーザー企業の生産性を改善する機会は広く存在する。とくに、落とすと壊れてしまうパソコンには不向きだが、壊れにくいスマートデバイスなら活用できるであろう工事現場などのブルーカラー領域には、アプリケーション開発の商機がたくさんがあるはず」と、具体的なビジネスフィールドを挙げながら熱弁を振るった。(ゼンフ ミシャ)

DTCの八子知礼TMTインダストリユニットパートナー
<BCN Conference 2012>関連記事
日本マイクロソフト、「Office 365」の強みとパートナービジネスモデルを説明
ソフトバンクBB、使いやすさを追求したソリューション提供をアピール
日立システムズ、コストをかけずにクラウドビジネスを始める方法を伝授
地域のITベンダーが熱く語る「新ビジネスモデル」創造への取り組み
イーストマン・コダック、ドキュメントイメージングとモバイル/クラウドとの連携を深める
JBアドバンスト・テクノロジー、ハイブリッド・データスペース(HDS)のコンセプトを披露
NTTコミュニケーションズの工藤潤一部門長「M2Mアプリケーション開発に商機」
DTCの八子知礼氏が基調講演、「生き残るために、モバイル向けビジネスが必須」

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)