ページの先頭です。

2012/10/18 12:26

ニュース

デジタルアーツ、パートナー総会を開催、新製品とパートナー支援をアピール

 デジタルアーツ(道具登志夫社長)は、10月17日、年次パートナーイベント「デジタルアーツ パートナー総会」を東京・汐留で開催した。

 イベントの冒頭、道具社長は、昨年度から今年度上期にかけて、ウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」とメールフィルタリングソフト「m-FILTER」のバージョンアップやスマートデバイス向けの「i-FILTER ブラウザー for iOS」の提供、さらに、10年前から温めてきたセキュリティ製品「FinalCode」をリリースしたことを紹介。「どの会社にも、社長の思い入れのある製品があると思う。私にとってのそれは、これまではコンシューマ向け製品の『i-FILTER』だったが、二つ目として法人・公共向けの『FinalCode』が加わった。他人に渡したデータを遠隔制御できる業界初のソリューションだ」とアピールした。

 営業実績については、「11年度の売り上げは、前年比約20%増の27億700万円を記録した。12年度も順調に伸びており、下半期は、例年の2倍以上の高い目標を掲げている。パートナー企業とともに頑張っていきたい」と意欲をみせた。 

道具登志夫社長

 続いて、4月1日に新設したエンタープライズ・マーケティング部について、瀬川明宏部長が説明。「プロダクトマーケティング課、プロダクトプロモーション課、チャネルマーケティング課に分かれている。パートナー向けのプログラム・サポートなどはチャネルマーケティング課が担当している。当社は大企業ではないので、ソリューションを考えるとき、パートナーとのアライアンスは欠かせない」と、会場のパートナー企業に語りかけた。 

エンタープライズ・マーケティング部の瀬川明宏部長

 営業戦略については、営業部部長の今井賢司取締役が、「下半期は、『i-FILTER』『m-FILTER』などの主力製品をさらにバージョンアップする。また、パートナーへの支援を強化して、案件への同行や導入支援を行い、さらに全国47都道府県を均等にサポートできるようにする」と説明した。 

営業部部長の今井賢司取締役

 総会では、最も貢献したパートナーを表彰する「DABP 2012アワード」の受賞式も開催。インターネットイニシアティブ(IIJ)、シーティーシー・エスピー(CTCSP)、ネットワールド、PFU、丸紅情報システムズの5社が受賞した。このほか、スポーツジャーナリストの二宮清純氏の基調講演や懇親会で、パートナー企業との交流を深めた。(真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)