ページの先頭です。

2012/10/18 17:53

ニュース

<BCN Conference 2012>日立システムズ、コストをかけずにクラウドビジネスを始める方法を伝授

 BCN(奥田喜久男社長)が主催するSIer(システムインテグレータ)向けのイベント「BCN Conference 2012」の第五セッションでは、日立システムズが「コストをかけずにクラウドビジネスを始める方法」をテーマに講演した。

 クラウドサービスを立ち上げるためには、サービス基盤の構築をはじめ、開発費用やセキュリティ対策、サポートデスクの設置などに多額の投資が必要となる。日立システムズは、こうした課題に直面するITベンダーに対して、中小企業でよく使われているソフトウェアを月額レンタルで提供するデスクトップ型クラウドサービス「Dougubako」の環境を用意。Windowsで動作するアプリケーションであれば何でも提供できるほか、バックアップの自動取得、ソフトのバージョンアップ、セキュリティ対策、リモートアシスタンスなどをすべて標準で装備する。SaaS/クラウドサービスを短期間で立ち上げられるという。

 ICT基盤事業グループネットワークサービス事業部ネットSaaS推進本部ネットワークドサービス推進第一部の佐々木慎一主任技師は、「一般的なクラウドは、開発費用やインフラ利用料、毎月の請求・収納費用などがかかるが、『Dougubako』はこうした壁を取り払うことができる」とアピールした。(信澤健太)

日立システムズの佐々木慎一主任技師
<BCN Conference 2012>関連記事
日本マイクロソフト、「Office 365」の強みとパートナービジネスモデルを説明
ソフトバンクBB、使いやすさを追求したソリューション提供をアピール
日立システムズ、コストをかけずにクラウドビジネスを始める方法を伝授
地域のITベンダーが熱く語る「新ビジネスモデル」創造への取り組み
イーストマン・コダック、ドキュメントイメージングとモバイル/クラウドとの連携を深める
JBアドバンスト・テクノロジー、ハイブリッド・データスペース(HDS)のコンセプトを披露
NTTコミュニケーションズの工藤潤一部門長「M2Mアプリケーション開発に商機」
DTCの八子知礼氏が基調講演、「生き残るために、モバイル向けビジネスが必須」

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月21日付 vol.1654
アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

2016年11月21日付 vol.1654 アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)