ページの先頭です。

2012/10/26 15:13

ニュース

レッドハット、プライベートイベントを開催、ジム・ホワイトハーストCEOが講演

 レッドハット(廣川裕司社長)は、10月23日、「今すぐ実現するオープン ハイブリッド クラウド」をテーマに、ユーザー企業向けのプライベートイベント「RED HAT FORUM 2012」を東京・恵比寿で開催した。イベントでは基調講演のほか、スポンサー企業によるセッションや展示会が行われた。

 イベント冒頭の挨拶で、廣川社長はグローバルでのOSS(オープンソースソフトウェア)の勢いを説明。OSSのエンジニアが100万人を超え、10万を超えるOSSプロジェクトが進んでいることや、OSSのカバー領域が分散処理、クラウド管理、ネットワーク仮想化、ストレージ仮想化、ビッグデータへ広がっていることを紹介した。

 廣川社長は、OSSをそのままミッションクリティカルな領域で使用することについて、「安定性・信頼性・アプリケーションとの互換性・セキュリティなどの面で問題がある」と指摘。そのうえで、「レッドハットの価値」として、「ミッションクリティカルな領域でも利用できるエンタープライズレベルの製品を提供していること」「ユーザーからの要望を広く聞き入れ、選択肢を提供し、30万人の開発コミュニティとともに製品を絶えず向上していること」を挙げた。最後に、「レッドハットは、もはやLinuxだけの会社ではない」として、ミドルウェアや仮想化、クラウド、ストレージに事業領域を広げていることを強調した。

レッドハットの廣川裕司社長

 続いて、米レッドハットのジム・ホワイトハーストCEOが「情報の大変革とテクノロジの標準化」と題して基調講演。「フォーチューン500企業の約80%が、レッドハットを利用している。またレッドハットは、OSS専門の企業として初めて売り上げ10億ドルを達成した。今後は13億ドルを目指す」と業績をアピールした。

 さらにホワイトハーストCEOは、OSSで標準化することの重要性を、産業革命とネジに例えて論じた。「1760年頃に起きた産業革命は技術の革新をもたらしたが、技術が標準化されていなかったために、ボルトを一つひとつ手づくりでつくっていた。しかし、1870年頃にボルトが標準されたことで、GDPは30年ごとに2倍に成長するようになった。クラウドも、これと同じだ。別々のコンポーネントではなく、標準化されたものでなければならない。レッドハットのOSSは、コンポーネントをコモディティ化して、選択肢や柔軟性を提供する」と説明した。(真鍋武)

米レッドハットのジム・ホワイトハーストCEO

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月29日付 vol.1642
SI論特集 脱下請けを考えてみた編 ニッポンのSIerが描く近未来像

2016年08月29日付 vol.1642 SI論特集 脱下請けを考えてみた編 ニッポンのSIerが描く近未来像

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)