ページの先頭です。

2012/10/26 17:26

ニュース

東芝ソリューション、卓上型OCRの最上位モデル

 東芝ソリューション(河井信三社長)は、卓上型OCR(光学式文字認識)ラインアップの最上位モデル「OCR2000iモデル3500」を10月25日に発売した。

 新開発の高速OCRスキャナ「S3500」と、高精度文字認識機能や帳票識別機能などを備えた「OCRソフトウェア」で構成。卓上型OCRとして国内最高速クラスの200枚/分の読み取り速度を実現した最上位モデルで、標準でA3超の長さ(458mmまで)の帳票読取りができる。オプションで、A3の1.5倍の長さ(630mm)の帳票にも対応する。帳票取込み機構の強化で、さまざまな種類の帳票が混在した際の処理能力を高めている。

 価格は320万2500円。東芝ソリューションは、A3サイズを超える帳票も含めて多種・大量の帳票を一括で高速読取りする卓上型OCRとして、流通業、自治体、金融機関などのデータ入力業務向けに販売していく。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月27日付 vol.1634
[限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

2016年06月27日付 vol.1634 [限定特集]Woman×IT 働く女性の本音を探る「IT女子座談会」 IT業界、働きやすいですか?

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)