ページの先頭です。

2012/10/31 18:41

ニュース

エイジアとアプレッソ、メール配信システム「WEB CAS」とデータ連携ソフト「DataSpider」が連携

 エイジア(美濃和男代表取締役)とアプレッソ(長谷川礼司社長)は、エイジアのメール配信システム「WEB CAS e-mail(WEB CAS)」と、アプレッソが開発・販売するデータ連携ソフトウェア「DataSpider Servista(DataSpider)」との連携の検証を実施し、動作を確認したと発表した。

 「WEB CAS」は、クラウドとパッケージのどちらでも複数・多種類・多拠点にあるデータベースと連携できる独自の連携機能「WEB CAS connector」を備え、大規模なデータベース新規構築や新規統合なしで、複雑なマーケティングプラットフォームを短期間・低コストで構築できる。一方で、フォーマットが異なるデータ形式のシステムと「WEB CAS」が連携する場合は、そのつどデータ変換プログラムの開発が必要だった。そのため、システム連携に伴う開発コストや構築期間が「WEB CAS」導入の障壁となることがあった。

 エイジアとアプレッソは、これらの課題を解決し、ユーザー企業の多種多様なシステム連携ニーズに対応。共同で「WEB CAS」と「DataSpider」の接続検証を行い、連携の動作確認を完了した。これによって、「WEB CAS」のメール配信機能と容易に接続できるシステムの種類がさらに拡張した。

 40種類を超えるアダプタ機能をもつデータ連携ミドルウェア「DataSpider」が「WEB CAS」と連携することで、これまで「WEB CAS」とスムーズに連携できなかったSAPやNotes、Salesforce.comやAmazonなどのシステムとのデータ連携が、ノンプログラムで短期間に実現する。

 これによって、ユーザー企業は既存システムと連携した高速・大量メール配信の仕組みを安定したかたちで迅速に構築できる。両システムはオンプレミス・パブリッククラウド双方での連携に対応。さらに、「WEB CAS」が提供するメール配信APIを「DataSpider」から呼び出すこともできる。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)