ページの先頭です。

2012/11/05 15:54

ニュース

<BCN Conference 2012 広島> クラウド/モバイル時代のSIer像を指し示す

 BCN(奥田喜久男社長)は、11月2日、広島市でSIer(システムインテグレータ)向けのイベント「BCN Conference 2012」を開催した。イベントは、「IT商流が変わる! クラウド/モバイル時代に求められるSIer像とは?」をテーマに、インテル、広島県情報産業協会、ITコーディネータ協会の後援を得た。

 イベントでは、基調講演と五つのセッション、地方ITベンダーの代表者によるパネルディスカッションが行われた。

 冒頭、デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の八子知礼TMTインダストリユニットパートナーが、「モバクラ時代を生き残るために必要なSIビジネスの条件」と題して基調講演。自身の提唱する「モバクラ(モバイルクラウド)」という概念を、「さまざまなモバイルデバイスがクラウドに接続している状況」と説明し、「労働生産性が下がっている産業は、ITの導入率が低い。SIerは、汎用性の高いモバイルデバイスとクラウドを組み合わせたサービスを提供していくべきだ」とした。


DTCの八子知礼TMTインダストリユニットパートナー

 第1セッションでは、NECキャピタルソリューションの荒谷茂伸ICTアセット事業部シニアディレクターが、「クラウド時代だからこそ必要なクライアント管理業務」をテーマに講演した。荒谷シニアディレクターは、「ウルトラブックなどのクライアント端末が増加し、利用形態が複雑になっていることで、管理者の負担が増えている。これからは、クライアント管理業務のアウトソース化が進んでいく」と指摘。ハードディスクドライブを暗号化するソフト「SecureDoc」を活用したBPO型のモバイルPCセキュリティサービス「SecureDocマネージドサービス」などを紹介した。


NECキャピタルソリューションの荒谷茂伸ICTアセット事業部シニアディレクター

 第2セッションでは、ワンビの加藤貴社長が、「Ultrabookを安心に持ち出してビジネスを活性化」と題して講演。加藤社長は、「ウルトラブックは、薄くて、軽くてロングバッテリという利点が知られているが、実はそれだけではない。ウルトラブックだけで使用できる盗難防止対策技術として、インテルの『アンチセフト・テクノロジー』がある」と紹介したうえで、ワンビのセキュリティソフト「TRUSTDELETE AT」は、「アンチセフト・テクノロジー」を活用することで「盗難にあったモバイルPCの遠隔地からのデータ消去、盗難後の時間経過による自動データ消去に加え、起動も防ぐことができる」とアピールした。「例えば、モバイルPCを盗まれたのか家に置き忘れたのかわからない状況では、データを消去するよりも、PCの起動に制限をかけるほうが扱いやすい」という。


ワンビの加藤貴社長

 第3セッションでは、イーストマン・コダック アジアパシフィックリージョンドキュメントイメージング本部のSusheel John総責任者が、「ドキュメントイメージング事業の今後の展望と展開」をテーマに講演した。John総責任者は、コダックがコラボレーション・プラットフォーム「SharePoint」を活用し、ドキュメント管理やドキュメントイメージング事業に力を入れている状況を説明。「現在のトレンドはモバイル、クラウド、『SharePoint』などのプラットフォームだ。これらと連携した使いやすいECM(エンタープライズコンテンツ管理)やドキュメントイメージング製品を提供していきたい」と述べた。


イーストマン・コダック アジアパシフィックリージョンドキュメントイメージング本部のSusheel John総責任者

 第4セッションでは、「モバイルインターネット活用による生産性向上」と題して、ソフトバンクBB取締役常務執行役員の溝口泰雄コマース&サービス統括が講演した。溝口コマース&サービス統括は、iPadを活用して、採用などの業務をペーパーレス化する「採用レボリューション」や、店舗向け営業管理システム「モバイルタスク」を自社に導入し、業務効率化・コスト削減を実現した事例などを紹介。今後のIT業界について、「クライアントの仮想化が重要になってくる」と予測した。


ソフトバンクBBの溝口泰雄取締役常務執行役員コマース&サービス統括

 第5セッションでは、NTTコミュニケーションズ第五営業本部営業推進部の工藤潤一部門長が、「ビジネスチャンス到来! M2Mクラウド」と題して講演。工藤部門長は、ユーザー企業とSIerの関係について、「従来は、主従関係にあったが、M2M(Machine to Machine)の領域では、サービサーやベンダーを巻き込んだエコシステムのパートナーになるべきだ」とした。また、M2Mの適用事例として、ビルのエネルギー監視、電気自動車(EV)カーシェアリングなどを紹介した。


NTTコミュニケーションズ第五営業本部営業推進部の工藤潤一部門長

 イベントの最後には、広島から広島情報産業協会の福井五郎会長、名古屋からネオレックスの駒井拓央社長、 大阪から日本情報技術取引所の関西支部長を務めるリバティ・フィッシュの石丸博士代表取締役と、地域ITベンダーの代表を招き、パネルディスカッションを開催。モデレータは、『週刊BCN』の谷畑良胤編集長が務めた。

 福井五郎会長は、広島のIT企業の課題について、「全国のソフト開発の売り上げのうち、広島はわずか0.75%しかない。仕事がないと、多様な業種をターゲットにしたり、他地域に進出したりしてしまうが、それでは専門性が生まれず、技術者も育たない。地産地消を目指すはずが、“地産外消”になってしまう」と指摘。課題を解決する方法として、「下請けという枠からはみ出ることだ。その次に、全国へ進出していくのがいい」とした。


広島情報産業協会の福井五郎会長

 ネオレックスの駒井拓央社長は、同社の営業スタイルについて、「効率がいい営業をしている。ほとんどの営業はウェブからの問い合わせによるもので、もともと導入意欲のある顧客に対して営業している。しかし、競合は多い。ウェブで問い合わせてくる顧客は、多くの企業に問い合わせるケースが多いからだ。そのため、問い合わせが来たら即時に連絡を取るなど、顧客が次の企業に問い合わせる前に対応するようにしている」と説明。IT業界の将来については、「ほとんどがクラウド化されて行くだろう。クラウドサービスでは、ユーザーはいつでも別の会社に切り替えることができるので、本当にいいものだけが残っていく」と述べた。


ネオレックスの駒井拓央社長

 リバティ・フィッシュの石丸博士代表取締役は、関西の景況感について、「これまでは下請けで食べられていたが、これからは自立しなくてはならない。それには、技術を磨くか、ニッチな市場を開拓するか、ユニークな製品を提供するかしかない。しかし、関西の企業はそうした自立に向けた投資をせずに、目先の利益ばかりを考えている傾向がある。当社は、OSSの『Ruby』の技術を磨き、県外にも展開している」と説明した。(真鍋武)


日本情報技術取引所の関西支部長を務めるリバティ・フィッシュの石丸博士代表取締役

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)