ページの先頭です。

2012/11/06 14:50

ニュース

東芝ソリューション、ノーチラスとの協業で基幹バッチ処理高速化サービスを提供

 東芝ソリューション(河井信三社長)は、ノーチラス・テクノロジーズ(神林飛志社長)と協業し、Hadoop、Asakusa Frameworkによるバッチ処理高速化サービスの提供を11月5日に開始した。

 東芝ソリューションは、Hadoopの並列分散処理能力と基幹バッチ開発を行うフレームワークとしてAsakusa Frameworkに着目し、東芝ソリューション生産技術センターを中心に検証を進めてきた。その結果、HadoopとAsakusa Frameworkで高品質で高性能のバッチアプリケーションを開発することができることを確認した。

 ノーチラス・テクノロジーズと協力することで、Asakusa Frameworkを活用し、東芝ソリューションが強みとする各業種向けのシステム構築ノウハウにもとづいて、バッチシステムの設計から構築、保守・運用まで、トータルにサービスを提供する。これによって、顧客のバックエンドシステムの課題解決を支援する。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月08日付 vol.1640
中国市場再認識 変貌する巨大IT 市場と向き合う

2016年08月08日付 vol.1640 中国市場再認識 変貌する巨大IT 市場と向き合う

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)