ページの先頭です。

2012/11/06 16:31

ニュース

日立とVMware、クラウド関連分野で戦略的提携で合意、グローバル展開へ

 日立製作所(日立、中西宏明社長)と、米ヴイエムウェア(VMware、パット・ゲルシンガーCEO)は、10月5日、クラウド関連分野でグローバルでの戦略的提携に合意したと発表した。

 提携によって、日立は、VMwareのクラウドサービスで最上位のパートナーシッププログラムである「VMware vCloud Datacenter Services(vCDC)」に参画する。今年12月に「日立-VMware コンピテンスセンター」を開設し、「vCDC」プログラムに準拠するハイブリッドクラウドサービスや、クラウドを支えるITプラットフォーム製品・サービスを開発。13年度には、日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」のサービスメニューに「vCDC」を追加し、グローバルで事業を展開するユーザーに向けて、ハイブリッドクラウドサービスの提供を開始する。

 さらに、テクノロジー連携の強化として、日立のサポートサービス「日立サポート360」で基幹業務向けに提供している「プレミアム」グレードのサービスを対象に、VMwareのサーバー仮想化製品を加え、仮想化技術を活用したクラウドの運用を支援する。また、従来国内で締結していたVMware製品に関する包括的なライセンス契約の範囲をグローバルに拡大し、日立グループのグローバルでのITシステムで活用する。

 日立製作所執行役常務情報・通信システム社の渡部眞也CSOは、「今回の『vCDC』プログラムへの参加は、世界で11社目、日本では昨年のソフトバンクに続く2社目となる。提携によるハイブリッド・サービスを、まずは国内で展開し、将来はユーザーの国内と海外のクラウド環境を結ぶサービスとして提供していきたい」とした。

 ゲルシンガーCEOは、「VMwareは、サーバーやネットワーク、セキュリティだけでなく、DC(データセンター)内のすべてのインフラストラクチャをソフトウェアによって仮想化し、それをサービスとして提供することを目指している」と同社の提唱する「Software-Dfined Datacenter」の概念を説明した。(真鍋武)

日立製作所執行役常務情報・通信システム社の渡部眞也CSO(左)と米ヴイエムウェアのパット・ゲルシンガーCEO

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)