ページの先頭です。

2012/11/07 16:47

ニュース

アプレッソとコンピュータ・サービス、富士通オフコンとの連携製品で提携

 アプレッソ(長谷川礼司社長)とコンピュータ・サービス(山口毅社長)は、11月6日、富士通のオフコン「PRIMERGY 6000シリーズ」と他システムとの連携ニーズに応えるソリューションの提供で、戦略的業務提携を締結したと発表した。

 提携によって、コンピュータ・サービスは、アプレッソのデータ連携ソフトウェア「DataSpider Servista(DataSpider)」のOEM供給を受け、富士通オフコン「PRIMERGY 6000シリーズ」と基幹システムからクラウドまで企業内外の多種多様なデータ連携を実現するソリューション「K-Spider」の出荷を開始した。

 「K-Spider」は、富士通「PRIMERGY 6000シリーズ」のデータと周辺システムやアプリケーション、クラウドを自由につなぐデータ連携EAIツール。「PRIMERGY 6000シリーズ」との連携用に開発したASPアダプタは、「PRIMERGY 6000シリーズ」固有のライブラリからファイル定義体を動的に参照する。

 連携処理がASPアダプタで表示された項目と連携先システムの項目をGUIの設定でつなぐ操作だけで作成できるので、従来はプログラム開発やファイル連携が必要だったシステム間の連携処理を、プログラミングなしで短期間で構築・運用することができる。また、アダプタを介して、「PRIMERGY 6000シリーズ」のデータを多様なシステムとつなぐことができるようになる。

 税別価格は240万円、保守料金は30万円。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)