ページの先頭です。

2012/11/09 17:08

ニュース

NEC、滋賀県のプライベートクラウド基盤をパッケージ製品で構築

 NEC(遠藤信博社長)は、11月8日、滋賀県が庁内システムを統合するプライベートクラウド基盤を構築し、10月から稼動していると発表した。

 滋賀県のプライベートクラウド基盤は、事前に設計・検証済みのNECのクラウド共通基盤パッケージ「Cloud Platform Suite」を使用して、2か月で構築したもの。パッケージ製品を用いた自治体プライベートクラウド基盤の構築では先進事例となる。

 滋賀県では、「滋賀県行政情報化指針」にもとづき、サーバーやストレージなどのシステム機器の利用効率向上、業務の効率化とコスト削減、システム稼動環境の適正化を目的に、各部局を横断する全庁的な視野で各部門のシステム統合や再構築を進めている。現状のシステム環境や運用では、システム整備や運用管理が各課に委ねられていたため、各課の機器リソースの利用状況、業務の効率化・コスト削減、システム機器の設置環境、セキュリティ、障害対策レベルにばらつきがあった。

 そこで滋賀県は、NECと共同でプライベートクラウド基盤を構築し、2016年度までに職員給与・財務会計・公共工事・グループウェアなど、24の業務システムをプライベートクラウド基盤上に段階的に移行していくことにした。今後は、各部局で個別に運用していた業務システム約91台のサーバーを22台に集約するほか、業務システム以外の基盤部分を情報政策課が一元管理することで、セキュリティやバックアップ、障害対策のレベルを均質化するとともに、運用コストを削減する。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)