ページの先頭です。

2012/11/09 18:19

ニュース

日立、エンタープライズディスクアレイシステム向けフラッシュモジュール

 日立製作所(中西宏明社長)は、エンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)」向けの高速データ処理フラッシュモジュール「Hitachi Accelerated Flash(日立アクセラレーティッドフラッシュ)」の販売を、11月8日に全世界で開始した。

高速データ処理フラッシュモジュール「Hitachi Accelerated Flash」

 日立独自開発のフラッシュメモリコントローラを搭載し、一般的なフラッシュ媒体の4倍となる1.6TBの大容量を実現。導入コストも半減し、ユーザー企業は容易に大規模なストレージシステムを導入することができる。

 また、各業務システム間でモジュールを共有して利用できるので、従来、業務システムを構築・追加するたびに必要だった詳細な容量設計を簡素化し、簡単にシステムが運用できるようになる。さらに、一般的なフラッシュ媒体の約4倍の高速処理を実現。定期的にフラッシュメモリの状態をチェックし、故障を予見する機能で、未然にデータの損失を防ぐことができる。

 価格は、1モジュール(1.6TB)あたり1680万円。最小構成は6969万2700円から。出荷開始は12月3日の予定。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)