ページの先頭です。

2012/11/14 17:19

ニュース

EMCジャパンとリコージャパン、SMB向けストレージソリューションで戦略的なパートナーシップを締結

 EMCジャパン(EMC、山野修社長)とリコージャパン (リコー、佐藤邦彦社長)は、11月14日、中堅・中小企業(SMB)向けストレージソリューションの提供に関する戦略的なパートナーシップを締結したと発表した。

 リコーが、EMCのパートナー販売支援プログラム「Velocityソリューション・プロバイダ・プログラム」に参画する契約を締結。これによってリコーは、SMBや大企業の部門・拠点向けに仮想化環境やDR(災害復旧)対策用のソリューション提供を強化する。

 EMCのユニファイドストレージのエントリモデル「EMC VNXeシリーズ」を中核としたサーバー・ストレージに関する専門知識をもつシステム専任営業約200人を全国に配置し、ユーザーのシステム環境統合に最適な提案をする体制を整備。さらに、サーバー・ストレージ環境の構築から保守までをワンストップで提供する。保守はリコーテクノシステムズ、仮想化環境などのシステム構築はリコーITソリューションズが担当。首都圏を中心とした大都市圏を対象にサービスの提供を開始し、順次対象地域を拡大していく。(真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)