ページの先頭です。

2012/11/14 18:10

ニュース

日立製作所、POWER7+プロセッサ搭載のスーパーテクニカルサーバー新モデル

 日立製作所(中西宏明社長)は、気象予測などの科学技術計算分野向けスーパテクニカルサーバー「SR16000シリーズ」の新モデル「SR16000 モデルXN1」を2013年1月7日に発売する。

 CPUに最新のPOWER7+プロセッサ、OSにAIXを採用したスカラ機の中小規模クラスのスーパーテクニカルサーバー。POWER7+プロセッサと80MBの大容量オンチップ L3キャッシュメモリの搭載で、消費電力あたりの性能を従来モデル比で約1.7倍の727MFLOPS/ワットにした。1ノードにPOWER7+プロセッサを2個、メモリを最大512GB搭載することができ、最大512ノードを接続して使用できる。

 新たに採用した高密度実装技術で、従来モデルよりもスリム化したラックに最大56ノードを搭載できる。1ラックあたり29.3TFLOPSの理論ピーク性能を実現し、設置面積あたりの性能は、従来モデル比で約3.7倍の44.5TFLOPS/m2に向上した。価格は個別見積もり。

SR16000 モデルXN1

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)