ページの先頭です。

2012/11/15 09:23

[週刊BCN 2012年11月12日付 Vol.1456 掲載]

ニュース

インフォコム 帳票のネット配信をスタート 企業間の利用を促進

 有力SIerのインフォコム(竹原教博社長)は、サービス事業拡大の一環として帳票配信サービスを立ち上げた。請求書や明細書などの帳票をインターネットを経由して取引先に配信するもので、向こう5年で累計300社、20億円の売り上げを目指す。帳票のネット配信は、携帯電話の利用明細など「企業対個人」ではすでに一般化しているが、インフォコムは、今後は「企業対企業」の利用拡大がさらに本格化するとみている。

 帳票配信サービスの名称は「クラウド型帳票Web配信サービス」で、11月1日にサービスをスタートした。請求書や明細書などの帳票をPDF形式で配信し、取引先などの受け手がダウンロードできる仕組みだ。企業で使う帳票のほとんどはデジタルで作成・管理されているが、「なぜか配信工程だけは、一度、紙に印刷して郵送していた。今回のサービスは、すべてデジタル化することで帳票にかかるコスト削減につなげる」(瀬川明彦・サービスビジネス営業部営業第二グループ課長)と狙いを話す。

 インフォコムの試算によれば、毎月5000通の帳票が郵送されているケースでは、郵送費や仕分け、封入にかかる人件費、印刷代などの諸経費を50%以上削減できる。郵便代がゼロになるだけでなく、「大量の帳票を印刷する必要がなくなるので、大型プリンタなどの台数を削減したり、小型のものと置き換えるなどのダウンサイジングしたりできる」(高山章源・サービスビジネス営業部営業第一グループ上級主任)というように、コスト削減効果は大きい。

 インフォコムは、これまでに帳票仕分けの「OpenBOST」や電子帳票の「NEOSS」、文書管理の「MyQuick」など、帳票や文書管理に関わる独自のソフトウェア製品を開発してきた。「OpenBOST」をはじめとする電子帳票関連では累計1000社余りの顧客を抱えており、うち7割ほどはSIerなどパートナー経由で販売してきた実績をもつ。帳票や文書のデジタル管理があたりまえになっている現在、「最後まで残っている郵送の部分をクラウド化する動きは、今後さらに活発化する」(瀬川課長)とみており、同業SIerを含む販売パートナーとの密接な連携でシェアの拡大を目指す。(安藤章司)

瀬川明彦課長(左)と、高山章源上級主任

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)