ページの先頭です。

2012/11/15 12:23

ニュース

ピーディーシー、クラウド型サイネージ「AFFICHER」を発売、「ET 2012」で披露

 ピーディーシー(菅原淳之社長)は、11月13日、クラウド型デジタルサイネージシステム「AFFICHER(アフィシエ)」を発売した。11月14~16日に開催している組込み総合技術展「Embedded Technology 2012(ET 2012)」の日本マイクロソフトのブースで展示している。

「ET 2012」で展示している「AFFICHER」

 「AFFICHER」は、ウェブブラウザで簡単に操作できるデジタルサイネージシステム。ユーザー企業は、専用端末を液晶ディスプレイにつないでインターネットに接続し、専用ウェブサイトでコンテンツを登録すれば、専用端末を設置した拠点にコンテンツを一斉配信できる。国内/海外メーカーの液晶ディスプレイに対応し、放映トラブルを検知する警告機能、利用者に応じて操作を制限できる運用グループ・ワークフロー機能などを搭載している。

 価格は、専用端末が60フレームまで再生できるモデルが18万5000円、30フレームまで再生できるモデルが16万円。クラウドサービスの利用料金は、専用端末1台あたり月額9800円。クレッグ牧野取締役は、「これまでデジタルサイネージは、一般的にシステム1台あたり80万~90万円と初期費用が高かったことが導入の障壁になっていた。敷居を低くしたことで、ユーザーの裾野を広げていく」と拡販に自信をみせる。中堅スーパーなど小売店や、中規模の複合施設などを中心に販売のアプローチをかけていく。

 現在、ピーディーシーは販売代理店経由での販売を強化に取り組んでおり、「ウェブ制作会社や印刷業者、広告代理店などを販売パートナーとして開拓する」(牧野取締役)という。今後1年間で1万台の販売を目指している。

 専用端末は岡谷エレクトロニクスが提供。OSにWindows Embedded Standard 7を搭載し、日本マイクロソフトのサポートで製品化した。また、クラウドサービスを提供するデータセンターは、ピーディーシーがHyper-Vで構築している。牧野取締役は、「来年2月には『AFFICHER』を海外で販売する。その際、マイクロソフトのクラウドサービス向けプラットフォームであるWindows Azureを使う」という。 

ピーディーシーのクレッグ牧野取締役(写真左)と日本マイクロソフトの村林智コンシューマー&パートナーグループOEM統括本部エンジニアリング&サービスグループ シニアパートナーテクノロジマネージャ)

 岡谷エレクトロニクスは、POS端末を組み合わせて小売業に提供するなど、「AFFICHER」の拡販策を模索している。(佐相彰彦)

プロテック製POS端末「PA-3350」。「AFFICHER」とPOS端末を組み合わせた展開を模索

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)