ページの先頭です。

2012/11/21 17:33

ニュース

ウイングアークとデータセクション、ソーシャルメディアの分析・活用で協業

 ウイングアーク(内野弘幸社長)とデータセクション(澤博史社長)は、11月16日、ソーシャルメディアデータの分析・活用の推進で協業すると発表した。

 データセクションは、ソーシャルメディアデータの収集・分析を2003年から展開してきた。販売関連データなど、企業内データとの連携にも積極的に取り組み、日本最大となる10億~15億件以上のソーシャルメディアデータ収集とノウハウをもとに、多くの実績がある。ソーシャルメディアに加え、慶応義塾大学SFC研究所との共同研究や、各種研究機関との研究開発にも取り組んできた。

 一方、ウイングアークは、膨大な情報をダイナミックに可視化する情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を展開。ビジネスインテリジェンス(BI)ツールとしてビッグデータへの対応や、スマートフォン・タブレット端末にも対応している。

 協業によって、データセクションがもつソーシャルメディアデータに、各種データを組み合わせた分析結果と企業内データをリアルタイムに集計・分析してビジュアル化する「MotionBoard」を連携させる。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)