ページの先頭です。

2012/11/22 09:27

[週刊BCN 2012年11月19日付 Vol.1457 掲載]

ニュース

日立コンシューマエレクトロニクス 各国に適したプロジェクターを提供 ハイエンドモデルでシェア20%を目指す

 日立コンシューマエレクトロニクス(渡邊修徳社長)は、国内外でプロジェクター事業の拡大に踏み切る。超短投写のハイエンドモデルと電子黒板などを組み合わせて、日本や欧米、中国などで新規顧客の開拓を図っており、2015年度(16年3月期)までに日本と世界でともにハイエンドモデルの分野でシェア20%の獲得を狙う。

大塚房夫
副本部長
 日立コンシューマエレクトロニクスは、世界でプロジェクター事業を手がけており、日本や欧米など先進国でハイエンドモデル、新興国でローエンドモデルなどと製品を切り分けて販売に力を入れている。大塚房夫・プロジェクタ本部副本部長は、「今年度上期は、中国や中南米などが大幅に伸びた。日本は、過去最高の売り上げを記録した」とアピールする。

電子黒板に適した「CP-AW2519NJ」

 同社のプロジェクターは、ハイエンドモデルで超短投写を強みとしており、他社製品よりも省スペース化を図った小型のきょう体にデザインしている。例えば、「CP-AW2519NJ」は電子黒板の用途で使うプロジェクターとして業界最小・最軽量を実現しているほか、約23cmあれば80インチ相当のスクリーンを映し出すことができる。ミラー反射型なので、壁に設置して電子黒板で授業を行うのに邪魔にならない。大塚副本部長は、「大学などの教育機関で、黒板からプロジェクターへの置き替え需要を獲得している」と販売状況を語る。約82cmの距離で80インチ相当のスクリーンを映し出す直接投写型の「CP-D31NJ」は、「会議室での大画面投写ニーズに対応している」という。新興国では、独自に開発した「ハイブリッドフィルター」によってフィルターのメンテナンス間隔が2000~1万時間と長いことから、「なかなか壊れない耐久性が評価を得ている」としている。ハイブリッドフィルターは、大ホールなどに設置しているプロジェクターの清掃に要するコストや手間を省くことができる点から、国内でもニーズが高まっているようだ。

 他社製品との差異化を図ったハイエンドモデルで、「さらにビジネスを拡大するために、今後はシェア拡大にこだわる」という方針を打ち出し、日本と世界ともにハイエンドモデルの分野で20%のシェアを目標に据えている。(佐相彰彦)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)