ページの先頭です。

2012/11/27 17:34

ニュース

NTTソフトウェア、特権ID管理を核とした「IT統制対策ソリューション」

 NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、特権ID管理を中核に内部統制のIT化をサポートする「IT統制対策ソリューション」を発売する。

 「申請」「ID管理」「アクセス管理」「監査」の四つの機能をもつ。「申請」機能は「OpenCube」を利用できるほか、ワークフローの標準インターフェースにも対応した。「ID管理」「アクセス管理」は、同社の「iDoperation」を利用。「監査」機能は、「Logstorage」と「Logstorage連携パック」を活用した。

 「申請」「監査」機能は、資産管理など、ほかの内部統制のIT化にも活用できる。特権ID管理の導入を契機に内部統制のIT化を進めるユーザーは、「申請」「監査」機能を有効活用することができる。また、すでに「OpenCube」や「Logstorage」を利用している場合は、「申請」「監査」機能を活用して特権ID管理を導入することができる。最小構成価格は110万円から。NTTソフトウェアは、今後3年間で20億円の売り上げを目指す。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)