ページの先頭です。

2012/11/27 21:15

ニュース

日本マイクロソフト、コラボレーション製品群をパートナー企業5社からプライベートクラウドとして提供

 日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、11月27日、パートナー経由でマイクロソフトのメール&コラボレーション製品群を提供する「Partner Hosted Productivity Cloud」(PHPC)について、NTTコミュニケーションズ、NEC、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、日立システムズ、富士通と契約を締結したと発表した。

 PHPCは、「Windows Server」「System Center」「Exchange Server」「SharePoint Server」「Lync Server」などのマイクロソフト製品を、パートナー企業のデータセンター(DC)で運用し、ユーザーにプライベートクラウドとして提供するサービス。ユーザーのSLA(サービス品質保証)や利用形態へのニーズに応えるために、パートナー企業がそれぞれの強みやノウハウを生かし、自社のソリューションと組み合わせるなどして、独自の名称でサービスを提供する。

 ユーザーは、早期導入や初期費用があまりかからないというクラウドサービスのメリットを享受できるだけでなく、各社の提供する多様なサービスのなかから、ニーズに合ったものを選択できる。(真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月20日付 vol.1670
イッポまえだのよろしくスタートアップin関西 関西から世界へ羽ばたく

2017年03月20日付 vol.1670 イッポまえだのよろしくスタートアップin関西 関西から世界へ羽ばたく

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)