ページの先頭です。

2012/11/29 18:17

ニュース

日本IBM、盛岡市の「災害情報連携システム」を構築

 日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、11月28日、岩手県盛岡市の「盛岡市災害情報連携システム」を構築すると発表した。2013年4月1日に稼働を開始する予定。

 災害発生時に、被害情報、避難所情報、安否情報などを一元的に収集・管理するシステム。災害時に必要なすばやい意思決定を支援し、災害情報をラヂオもりおか(コミュニティFM)や緊急速報メールなどのメディアへ一括で配信する機能によって、住民への迅速な情報伝達を実現する。救援物資関連情報の管理機能も搭載する。

 システムは、日本IBMのデータセンター(DC)で稼動するので、市庁舎が災害による被害を受けたときでも、システムを継続して利用できる。また、タブレット端末やスマートフォンからのアクセスに対応し、災害時に屋外から情報を収集できる。

 日本IBMは、東日本大震災の被災地への災害支援活動を通じて得たノウハウを「IBM災害対応情報システム」としてソリューション化。「盛岡市災害情報連携システム」に適用し、今後は他地域にも展開していく。(真鍋武)

盛岡市災害情報連携システム(イメージ)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)