ページの先頭です。

2012/11/30 18:36

ニュース

日本オラクル、「Oracle Solaris 11.1」を紹介するセミナーを開催

 日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、11月30日、アプリケーションを高速実行するプラットフォーム「Oracle Solaris 11.1」を紹介するセミナー「Oracle Solaris 11.1」を、東京・北青山の本社で開催した。

 「Oracle Solaris 11」は、IaaSやPaaS、SaaSなどのクラウド基盤を構築することができるオペレーティングシステム(OS)。新バージョンの「11.1」は、今年10月に米オラクルがサンフランシスコで開いた「Oracle OpenWorld」で発表されたもので、性能と機能を強化している。

ブリスコラ クラウド戦略コンサルティング本部の北野幸雄シニアマネジャー

 セミナーの冒頭、ブリスコラ クラウド戦略コンサルティング本部の北野幸雄シニアマネジャーがゲストスピーカーとして登壇。5年後にユーザー企業がクラウドをいかに利用するかによって、IT戦略の勝ち組と負け組に分かれるという仮説を立てた。「ユーザー企業は負け組にならないように、クラウドの実用化を目指して、クラウド活用が経営改善につながるOS環境を整備する必要がある」と訴えた。

日本オラクル システム事業統括の大曽根明氏

 続いて、日本オラクルの大曽根明システム事業統括が、「Oracle Solaris 11.1」の特徴を紹介。「『Solaris』は、業務アプリケーションのための高可用性をもつ安全なプラットフォームと、大規模クラウドを管理するための機能を融合している。新バージョンは、新たにSolaris/RACカーネル・ロック・アクセラレータを搭載し、ロックリクエストの応答をカーネルレベルで処理する」とアピールした。(ゼンフ ミシャ)

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)