ページの先頭です。

2012/11/30 18:38

ニュース

OGC、スマートジャパン実現に向けたシンポジウムを開催、須藤代表幹事が講演

 オープンガバメントクラウド・コンソーシアム(OGC、須藤修代表幹事)は、11月29日、「スマートジャパン実現に向けて」をテーマに、行政担当者とオープンIT系ベンダーを対象としたシンポジウムを東京・霞が関で開催した。

 OGCは、世界最高の電子政府・自治体の実現を目指して、2009年7月に設立した団体。オープンスタンダード技術にもとづいたクラウドコンピューティングの普及に取り組んでいる。

 須藤代表幹事による基調講演では、米サンフランシスコの行政と民間が連携して、スマートフォンを活用した公共サービスを生み出していることを紹介。「サンフランシスコは、企業やNPO、プログラミング技術をもつ個人に公共サービスの一部を委託している。市のデータを無償で提供し、企業やNPOがそのデータを活用して、市の政策に沿った公共向けのスマートフォン向けアプリを開発・提供している。企業は収益を上げて雇用を創出し、市は税金を確保できる。この官民連携は、まさしくWin-Winの関係だ」と利点を説明した。

須藤修代表幹事

 シンポジウムでは、このほかOGCの活動報告やパネルディスカッションを行い、終了後には、懇親会で参加者の親交を図った。(真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)