ページの先頭です。

2013/02/08 17:45

ニュース

ウイングアーク、BI製品が日立製DB製品と連携

 ウイングアーク(内野弘幸社長)は、2月7日、情報活用ダッシュボード「MotionBoard」で日立製作所のリレーショナルDB(データベース)「HiRDB」との連携を実現した。ミッション・クリティカルな運用を求める企業の情報活用基盤として、企業力を高める分析システム導入を推進していく。

 ウイングアークは、「MotionBoard Ver.4.1」の標準連携データベース(DB)として「HiRDB Version.9」に対応し、2月7日から「HiRDB Version.9」対応のためのアップデートモジュールを提供している。基幹業務システムを中心に多数の実績がある「HiRDB」と、リアルタイムに接続しダイナミックな表現ができる「MotionBoard」が連携することによって、「HiRDB」に蓄積した基幹系データを高度な知識を必要とすることなく多彩な可視化・分析ができるようになる。

 ウイングアークは、日立製品との連携をもとに、金融・通信業、官公庁を中心に、今後3年間で30システムの受注を目指す。また、ビッグデータの利活用を実現する高速アクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binderプラットフォーム」に対応する「MotionBoard」のDBアダプタ製品を開発する。今後、日立の協力を得て、両製品の連携システムによる大容量データ処理の検証を実施し、ビッグデータ利活用の提案やマーケティング活動を行っていく予定。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月12日付 vol.1644
失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

2016年09月12日付 vol.1644 失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)