ページの先頭です。

2013/03/15 18:38

ニュース

NEC、バックアップストレージの新製品、膨大なデータを高速格納

 NEC(遠藤信博社長)は、3月13日、バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ(HYDRAstor)」で、書込み処理性能を従来機比で最大2倍、容量を最大5倍にして、膨大なバックアップデータの高速格納を実現した新製品2モデルを日本と米国で発売した。順次、アジアと欧州へ展開する。また日本では、新製品を用いたバックアップサービスを提供する。

 「iStorage HSシリーズ」は、NEC独自のグリッド・ストレージ技術を生かしたシステムの柔軟な拡張性、重複排除技術による高いデータ圧縮性、分散冗長配置技術による高い信頼性を備えるバックアップストレージ。基幹システムやビッグデータ活用などのデータの高速格納・長期保管が求められるシステムに最適だ。

 新製品は、最小構成1ノードから最大60ノードまで、柔軟な拡張構成のスケールアウトモデル「iStorage HS8-40」と、1ノード構成で導入コストを抑えたシングルノードモデル「iStorage HS3-40」の2モデル。最新CPUの搭載や、NEC独自のマルチコアCPUに対する最適な分散処理設計によって、従来機比で最大2倍の処理性能を実現した。

 従来機で別ノードに搭載していた通信・データ圧縮処理機能とデータ保管機能を一つのノード(ハイブリッドノード)に搭載することで、従来機が最小3ノードからの構成だったものを最小1ノードからにした。さらに、搭載するディスクドライブ容量を従来の1TBから4TBに拡大した。システム拡張に合わせた性能や容量に応じてノードを増設できるようにしており、最大の60ノードでは、従来機比5倍の論理容量37.4PB(物理容量2.8PB)を実現する。

 税別価格は、「iStorage HS8-40」(12TB)が900万円から、「iStorage HS3-40」(8TB)が298万円から。出荷は4月26日の予定。

 なお、災害対策やBCPへの対応として、遠隔地バックアップを検討する顧客向けに、NECのデータセンター(DC)を利用した「遠隔バックアップサービス」を月額料金9万円(7TB)からという業界最安値水準で提供する。

「iStorage HS3-40」

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)