ページの先頭です。

2013/04/02 18:08

ニュース

日本オラクル、「Oracle Database Appliance」の最新版の提供を開始

 日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、3月28日、従来機から性能を最大2倍に、ストレージ容量を最大3倍に向上した「Oracle Database Appliance」の最新版「Oracle Database Appliance X3-2」の国内での提供を開始したと発表した。

 4ユニットのラックマウント型システムで、「Oracle Linux」が稼働する「インテルXeonプロセッサ E5-2690」を搭載した「Sun x86」サーバー2台、18.8TB容量のストレージ1台で基本構成。ユーザーは、オプションの拡張ストレージ「Storage Expansion Shelf」を接続することで、最大構成で37.6TBまでストレージを拡張できる。

 独自の機能によって、サーバーに搭載されているプロセッサ・コアの使用を制限できるので、ソフトウェアのライセンス数を有効利用できる。また、必要なプロセッサ性能に合わせてソフトウェア・ライセンスを追加で購入して、「Oracle Database Enterprise Edition 11g Release 2」を最小構成で4コアから開始し、最大32コアまで拡張することができる。ハードウェアの税別価格は652万1742円。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)