ページの先頭です。

2013/04/09 18:43

ニュース

DAL、ウェブEDIシステムを容易に構築できるWebシステム基盤

 データ・アプリケーション(DAL、橋本慶太社長)は、4月9日、ウェブEDIシステムを容易に構築できるJavaベースのソフトウェア・フレームワーク「ACMS WebFramer」を7月に提供すると発表した。5月8日から東京ビッグサイトで開催される「クラウドコンピューティングEXPO春」で、ベータ版を展示する。

 「ACMS WebFramer」は、ウェブEDIシステムに不可欠なユーザー管理、業務管理などの各種管理機能を標準装備し、クロスブラウザ対応の操作性を重視した画面を提供。また、管理機能を外部から呼び出すAPIや取引業務を想定したサンプルを提供し、SIer(システムインテグレータ)やユーザー企業は、業務や取引内容に合ったウェブEDIシステムを短期間で容易に構築することができる。

 Windows、Linux/Unixのマルチプラットフォームに対応。さらに、Amazon Web Service EC2、Windows Azureにも対応しているので、クラウドサービスのメリットを生かして、導入・運用時のTCO(総所有コスト)を削減することができる。

 DALは、「ACMS WebFramer V.1.0」に引き続き、12月以降のバージョンアップで、多言語対応やマルチテナント機能、分散配置機能を追加する予定。また、流通業や製造業向けなど、各業界の標準に対応したテンプレートの提供も予定している。

 さらに、社内の取引業務全般をカバーするウェブアプリケーション開発の支援ツールも提供する予定。これによって、社内の基幹システムとEDI、ウェブEDIシステムをシームレスにつなぎ、リアルタイム取引ができるようになる。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)