ページの先頭です。

2013/04/10 10:00

ニュース

フォースメディア、高速アクセス性能にすぐれたNASパッケージ製品

 フォースメディア(池田譲治代表取締役)は、4月10日、台湾QNAPSystemsの「TurboNAS」のハイエンド製品「TS-x79シリーズ」から、米Kingstonの企業向けSSD「SSD Now E100シリーズ」を搭載したNASパッケージ製品「TurboNAS Extreme Package」を発表した。

 フォースメディアは、通常はHDDが別売となる「TurboNAS」シリーズに、独自に選定したHDDをあらかじめ搭載することで、相性問題の回避や保証体系の充実を図ったHDD搭載モデルを販売している。新パッケージでは、高速アクセスのニーズに応えてKingston製SSDを採用することで、両社の正規輸入代理店であるフォースメディアの強みを生かして、従来の高速アクセスストレージよりも低価格のパッケージにした。

 ハイエンドSMB向けとしてすでに多くの実績をもち、高い評価を得て「TS-x79シリーズ」をベースに、S30K P/Eサイクルに耐える高い耐久性能と500MB/s、8万IO/sを超える性能を両立したKingstonの「SSD Now E100シリーズ」を採用。さらに、インテルの10Gbイーサネットカードを搭載することで、システム全体の性能を高めながらストレージとしての信頼性を向上している。

 1100MB/sを超えるスループットと、10万IO/sに迫るアクセス性能をもつ。現在のHDDのシステムでは著しく性能が低下するランダムアクセスでも、性能の低下を抑え、HDDシステムの最大約40倍のパフォーマンスを発揮する。

 全製品に標準で3年間のセンドバック保証を付帯。従来のHDD搭載製品と同様の体系で行うので、通常保証であってもSSDの故障をカバーする。また、3年・5年間の先出しセンドバック保守と、3~5年間のオンサイト保守も用意し、顧客のニーズに合わせて適切な保守を選択できる。

 税別価格は、「TurboNAS Extreme Package X」の「タワー型8bay NON-ECC 0.8TBモデル」が118万円、「ラックマウント型8bay NON-ECC 0.8TBモデル」が130万円、「ラックマウント型12bay ECC 1.2TBモデル」が195万円、「ラックマウント型16bay ECC 6.4TBモデル」が520万円。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)