ページの先頭です。

2013/04/10 10:00

ニュース

フォースメディア、高速アクセス性能にすぐれたNASパッケージ製品

 フォースメディア(池田譲治代表取締役)は、4月10日、台湾QNAPSystemsの「TurboNAS」のハイエンド製品「TS-x79シリーズ」から、米Kingstonの企業向けSSD「SSD Now E100シリーズ」を搭載したNASパッケージ製品「TurboNAS Extreme Package」を発表した。

 フォースメディアは、通常はHDDが別売となる「TurboNAS」シリーズに、独自に選定したHDDをあらかじめ搭載することで、相性問題の回避や保証体系の充実を図ったHDD搭載モデルを販売している。新パッケージでは、高速アクセスのニーズに応えてKingston製SSDを採用することで、両社の正規輸入代理店であるフォースメディアの強みを生かして、従来の高速アクセスストレージよりも低価格のパッケージにした。

 ハイエンドSMB向けとしてすでに多くの実績をもち、高い評価を得て「TS-x79シリーズ」をベースに、S30K P/Eサイクルに耐える高い耐久性能と500MB/s、8万IO/sを超える性能を両立したKingstonの「SSD Now E100シリーズ」を採用。さらに、インテルの10Gbイーサネットカードを搭載することで、システム全体の性能を高めながらストレージとしての信頼性を向上している。

 1100MB/sを超えるスループットと、10万IO/sに迫るアクセス性能をもつ。現在のHDDのシステムでは著しく性能が低下するランダムアクセスでも、性能の低下を抑え、HDDシステムの最大約40倍のパフォーマンスを発揮する。

 全製品に標準で3年間のセンドバック保証を付帯。従来のHDD搭載製品と同様の体系で行うので、通常保証であってもSSDの故障をカバーする。また、3年・5年間の先出しセンドバック保守と、3~5年間のオンサイト保守も用意し、顧客のニーズに合わせて適切な保守を選択できる。

 税別価格は、「TurboNAS Extreme Package X」の「タワー型8bay NON-ECC 0.8TBモデル」が118万円、「ラックマウント型8bay NON-ECC 0.8TBモデル」が130万円、「ラックマウント型12bay ECC 1.2TBモデル」が195万円、「ラックマウント型16bay ECC 6.4TBモデル」が520万円。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)