ページの先頭です。

2013/04/10 13:00

ニュース

日本マイクロソフト、最新PC環境への移行支援を強化、パートナー約360社と連携

 日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、4月9日、「Windows XP/Office 2003」のサポートが終了するまでの1年間を最新のPC環境への移行支援強化期間に位置づけ、パートナー企業の約360社と連携した活動を行っていくと発表した。

 「Windows XP/Office 2003」のサポート終了は、2014年4月9日。サポートの終了でセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるので、ユーザーはPC環境を刷新しなければならない。しかし、調査会社のIDC Japanによると、12年11月時点で、企業にあるPCの40.3%(1419万台)がWindows XPだ。そこで日本マイクロソフトは、PC環境の移行を促進するために、「サポート終了の告知強化」「最新PC環境への移行に関するアドバイスなどの情報提供」「移行コストを低減するための購入支援」を展開する。

 「サポート終了の告知強化」では、サポート終了に関する特設サイトを開設し、大企業、中堅・中小企業(SMB)、政府、自治体、教育機関などの公的機関、一般ユーザーに対する告知活動を展開。また、Windows/Office関連の広告宣伝やユーザー向けニュースレターを通して周知する。

 「最新PC環境への移行に関するアドバイスなどの情報提供」では、4月9日にSMBを対象とした無償の相談窓口を開設し、移行に関する質問への対応やアドバイスを行う。また、特設サイト内で、現在利用中の製品から最新のPC環境へ移行する際に必要となる情報を提供する。

 「移行コストを低減するための購入支援」では、4月9日に「Windows XP & Office 2003 移行支援キャンペーン」を開始し、「Windows XP Professional」と「Office 2003」から最新PC環境にアップグレードする場合、通常価格の15%割引でアップグレードライセンスを提供する。さらに、クラウドへの移行を検討してもらうために、4月1日に開始した「新Office 365キャッシュバックキャンペーン」と組み合わせて提供する。

 日本マイクロソフトは、移行支援強化期間での施策を全国のパートナー企業約360社と連携して推進。移行計画の相談、移行作業や移行コストの負担軽減など、ユーザーの課題に合わせて適切なパートナーを紹介し、最新PC環境への円滑な移行を図る。

日本マイクロソフトとパートナー企業の担当者

 発表会では、パートナー企業を代表して、リコーの窪田大介専務執行役員が、「1台のPCを『XP』の環境から『Windows 7/8』に切り替えるには、どんなに早くても1時間はかかる。OSのインストールだけではなく、認証やセキュリティの設定、アプリケーションやデータの移行などの作業が必要だからだ。事業を継続しながら大量の台数のOS移行を進める場合には、さらに時間が必要だ。ベンダーのリソースは限られているので、ユーザー企業はサポート終了の対策を1年後に練るのではなく、今すぐに検討して、遅くとも今年の9月頃までには移行を開始してほしい」と訴えた。(真鍋武)

リコーの窪田大介専務執行役員

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)