ページの先頭です。

2013/04/15 17:52

ニュース

システムサポート、金沢工大が安否確認システムを導入、全学生約7200人とその家族が利用

 石川県のSIer、システムサポート(STS、小清水良次社長)は、4月12日、グループ会社のイーネットソリューションズ(eNets、上岸弘和社長)の安否確認システム「Safetylink24」を金沢工業大学(金沢工大、石川憲一学長)が導入したと発表した。

 「Safetylink24」は、地震などの災害時に、登録ユーザー宛にメールを一斉配信する緊急通報・安否確認システム。気象庁が配信する地震情報と連動した自動メッセージの配信や、回答がない場合の自動リトライ、ユーザー1人あたり6人までの家族の連絡先を登録できるなどの機能を備える。

 金沢工大は、学生の家族が安否情報を確認できることや、導入・運用コストを抑えられることなどを要件にシステムを選定し、「Safetylink24」の導入を決定。導入にあたって、全学生約7200人に個別のメールアドレス(Gmail)を割り当て、安否確認を取りやすくした。金沢工大は、今後、緊急時以外での「Safetylink24」の活用も検討する。(真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)