ページの先頭です。

2013/05/01 15:30

ニュース

KISA、セキュリティ監視センターが海外から引き合い、モンゴルやネパールで受注

 韓国インターネット振興院(KISA)が管轄するセキュリティセンターのシステムに、海外の政府機関から引き合いが多くなっている。マネジメントプランニンググループのウォン・ユジェ バイスプレジデントは、「一例を挙げれば、モンゴルやネパールから受注した」という。

 セキュリティセンターは、24時間365日、韓国企業のサイトのアクセス状況を監視し、モニタリングルームでリアルタイムに状況を把握している。サイトへのサイバー攻撃やウイルス感染などを検知した場合、通信キャリアに対するサイト遮断の要請や、サイト運営企業への連絡などを行っている。韓国では、法律で個人情報の漏えいやトラフィックの推移などを報告することが義務づけられいるのだ。

 韓国のサイトは、最近サイバー攻撃によって大きな被害を受けたが、国家レベルで万全な管理体制を敷いているのもまた事実。この点が、海外で高く評価されている。(佐相彰彦)

ウォン・ユチェ バイスプレジデント

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)